Ember.js と Rails

この記事は Ember.js Advent Calendar の3日目です。

クライアントサイド MVC フレームワークの時代が到来しつつある今、サーバアプリケーションの役割は JSON API だけになって Rails なんていう重量級のフレームワークは淘汰される……と思いきや、Rails と Ember.js を一緒に使うための便利な gem がいくつかあるので案外悪くないですよ、というお話です。

公式ガイドの Getting Started を Rails + Ember.js ...

Engine Yard Cloud の assets precompile

Engine Yard Cloud は assets に変更がないときは precompile をスキップしてくれてとても素敵なのですが、変わった場所に assets があると変更を検出できずにスキップされすぎてしまいます。

デフォルトでは以下のファイル/ディレクトリをチェックしています:

  • app/assets
  • lib/assets
  • vendor/assets
  • Gemfile.lock
  • config/routes.rb
  • config/application.rb

これ以外の場所に assets...

Thinは遅い?

「Heroku でアプリケーションサーバを Uniron (or Puma, etc) にしたらn倍速くなったぜ!」みたいな話をたまに見掛けますが、本当なんでしょうか。実験してみましょう。

テスト環境

  • Funtoo Linux x86-64bit
  • Ruby 2.0.0-p0
  • Thin 1.5.0
  • Unicorn 4.6.2
  • Rainbows! 4.5.0
  • Puma 1.6.3

アプリケーションは Rack で、50msec の sleep の後に 500KB のレスポンスを返します。各...

さくらのVPSで「さくらの6rd」を使う (Funtoo編)

さくらの VPS では「さくらの 6rd」というサービスを使うことで、インスタンスに IPv6 アドレスを割り当てられます。3月末で終わっちゃうみたいなんですが、それはさておき。

# echo <<EOF > /etc/conf.d/netif.6rd
template="ipv6-tunnel"

local="49.212.128.188"
ipaddr="2001:e41:31d4:80bc::1/64"

remote="61.211.224.125"
nameservers="2403...

札幌Ruby会議2012

Ruby on Rails: The Bad Parts というタイトルでお話させていただきました。例によってスライドづくりが進まず、2日目はまともに参加できず (毎回深く深く反省しております…)。お聞き苦しい点が多々ありましたことを心よりお詫び申し上げます。

発表資料はひとまず as-is で push しました (ursm/sprk2012-rails-the-bad-parts, showoff format)。そのうち再構成してるびまに寄稿…できるといいな。

今回はなにより Cells

社内のサーバ事情

1台のサーバを複数人が気ままに設定する—地獄の始まりです。どこに何があって誰が使っているかなんて把握のしようがありません。手順書を残す? そんな勤勉なことをやるぐらいならもっと抜本的な解決策を講じるべきです。

プログラミングの基本原則、「分割して統治せよ」。サーバも一緒で、用途ごとに適切に分割してやればいい。そこでサーバ仮想化の出番です。

一口にサーバ仮想化といっても様々なプロダクトがあります。下手にVMwareなんとかみたいなのを買ってロックインされたくはありません。自由なソフトウェ...

Funtoo on ThinkPad X220

先日 Lenovo ThinkPad X220 を買いました。

Lenovo ThinkPad X220 4286-CTO
CPU Intel Core i7-2620M (2.7-3.4GHz)
メモリ 8GB DDR3 SODIMM
ストレージ 128GB SSD (C300-MTFDBAK128M)

(T410 と比べれば) 小さくて軽くて、そのくせ低電圧版じゃない高速な CPU を積んでて、おまけに IPS 液晶がとても綺麗なので大変気に入...